• 引越のドリームトップページ
  • お引越しブラン
  • ご利用者の声
  • お見積もりフォーム
  • 引越のドリームお問い合わせ
お引越し役立情報・他
お引越しの梱包方法
※ご不明な点などございましたら、お問い合わせください。
大型家具 大型家具について
タンス、学習机などの大型家具は引き出しなどの中身は、必ず外に出し、小さな箱に詰めてください。
当社では、ハンガーBOXの当日レンタルもありますので、タンス内の衣装は、そのままでも大丈夫です。ユニット式タンスの場合は、当日に当社で移動させることもできます。小さめのチェストなどは、中身に「われもの」なければ中身が入ったままでも大丈夫です。
※当社のお引越しで、当日に貴重品や現金、家の鍵などを入れっぱなしの場合がありますので、ご注意ください。
大型家電 大型家電について
冷蔵庫、洗濯機、テレビ、パソコン、暖房器具などの大型家電品は、そのままでも大丈夫ですが、購入したときの収納箱がある場合には、収納箱に入れて運ぶのがいいです。また、配線などの結線がある場合には、外しておくことをお勧めします。生活家電になる冷蔵庫などは中身はすべて出し、お引越しの前日、当日は遅くても朝には本体の電源を抜いておくと、移動時の故障を防ぐことができます。
簡単な衝撃でも、起動しなくなるパソコンなどの電子機器は、データが保存してある場合、バックアップを取ることをお勧めします。また、石油ストーブ、ファンヒーターなどは、灯油がこぼれる場合もあるので、輸送中の安全を考え、灯油を抜くことが必要です。
キッチン用品 キッチン用品について
「われもの」が多いキッチン用品などは、新聞紙、梱包用のマットで包むことをお勧めします。また、収納する箱は、大きいものではなく、小さめのものに分けて、箱の中でなるべく動かないようにし、食器類は箱に対して横向きに入れず縦向きに入れ、さらに、隙間を新聞紙などで埋めるようにします。
最後に、箱を少しゆすって、隙間がないか確認することが大事です。
また、寸胴などの大きな鍋は、そのまま、大きな箱に入れても大丈夫です。大きな箱がない場合には、破れにくい厚めのビニール袋で代用できますが、なるべく箱に収納することをお勧めします。
生活小物 生活小物について
キッチン用品とほとんど同じで、小さめの箱に、隙間がないよう収納するようにすることをお勧めします。また、ケース類などはそのままでも大丈夫な場合もありますが、フタが開いてしまい、中身が散乱しないようテープで固定しておくことが望ましいです。
お引越し役立情報・その他

失敗しないお引越し